薄毛は好ましくない脱毛~また生える日まで~

最新の施術法

植毛を行う場合、一般的にはメスを使用して行われてきたものでした。皮膚ごと髪の毛を移植する方法であるため、どうしても移植による傷跡などが残ってしまうといったデメリットがあるのです。メスを使った植毛では自毛移植が現在ポピュラーであるため、移植による拒絶反応は起こりませんが、こうした移植による施術は常に菌による感染のリスクにさらされているため、メスを使用した植毛には少ならからずなんらかの問題を抱えているものなのです。こうした事態に対処し、メスを使わない植毛法が現在注目されています。機械を使用して一本一本の髪の毛を毛根ごと採取し、髪の薄くなった部位に植えるダイレクト法などの方法が開発されたため、植毛によるリスクを低減させ、薄くなった部分に多くの髪を再生させることができるのです。

ダイレクト法による植毛では、主に多くの髪が生えている後頭部などの髪の毛を、薄くなりがちな頭頂部や生え際に植毛することができます。後頭部に薄い部分ができないよう、バランスよく髪の毛を採取し、機械で埋め込んでいくため、全体的な薄毛に対処することができるのです。こうしたダイレクト法は、手術による負担が少ないことから何度も施術を受けて髪の毛を増やすことができます。他の人にばれないよう、徐々に薄くなった部分を改善させられるため、多くの人に選ばれる方法なのです。ダイレクト法は、他の植毛法に比べ費用がやや高額なものとなります。専用の機器を使用するため、医師にも特別な技術が要求されることから、比較的施術の費用が高額に設定されてしまいますが、費用に合った高い施術効果を得ることができるため、この施術を受けて満足したとする声も多くあるのです。